パンジー薫の国際恋愛ブログ

国際結婚までの道のり、結婚生活についてシェアハピ

Qふだんの会話は何語?

こんにちは、パンジー薫です!
三寒四温もやっと落ち着き、やっと春の陽気を感じられるようになってきましたね♪
重度の花粉症をもつ私は、まだまだマスクが手放せないですが、自然の息吹を感じることができる春は大好きです。なかでも太陽の匂いっていうのかな。ぽかぽか陽気の日に感じる「あ、春だ」って分かる匂いが大好きです。

さて、今日からは、国際恋愛あるある! よく聞かれる質問を紹介しながら答えていきたいと思います。記念すべき、1回目の疑問は、「ふだん何語で話してるの?」

これほんとう~によく聞かれます。とかいうわたしも国際恋愛している人と会うとかならず聞くけどね(笑)

英語5:日本語5→英語3:日本語7に

そもそも私たちが出会ったときのそれぞれの語学レベルは、私:義務教育終了レベル、ブー:日本語学校1年過程終了レベル、でした。なので最初のデートはお互いに辞書が必須。ブーは携帯に日本語辞書アプリをDLしており、私は電子辞書を鞄にいれて持ち歩いていました(初々しいな~)

なにか知らない単語が出るたびに「Hold on sec(ちょっとまって」といって辞書引いてました。そんな私達ですが、日本に住んでいるため日常的に日本語に触れているブーの日本語はめきめき上達していきます。本人も日本語を学びたいと野心的で、わざわざ日本の企業に就職(そこは英語を社内語にはしていますが)するくらい。そんなんだから、ブーの日本語は日に日に上達していきました。

一方のわたしも英語を話せるようになりたい気持ちは一緒。なるべくブーとの会話は英語で話すようにしていました。なので最初は英語と日本語、半々の割合で会話してました。(ブーが日本語、私が英語という具合)

しかし月日が流れ…
お互いになんとなく相手が何を言っているのか理解できなくても雰囲気でわかるように。そうなってくるといわゆる「慣れ」が発生して、間違った言い方もあまりお互い指摘しないようになりました。

私はというと、ブーの日本語力がアップし、日常会話であれば不自由しなくなったため気が付くと1日日本語でブーに話しかけるなんて日も。完全に甘えが。そんな感じで今は、英語3:日本語7で私達は会話をしています。

ケンカは「英語」で!

面白いのが、ふだんは頑張って日本語を話すブーだけど、ケンカになると日本語モードがオフになるようで、英語になってしまうこと。やっぱり自分の気持ちを100%伝えたい時は母国語だよね…。相手が理解できなくても、自分の気持ちをExactlyに表現できるだけでスッキリするしね。

なのでケンカの際、私はなるべく英語で話すよう意識しています。どんなにつたなくてもブーにとって親しみのある英語で話すことでブーも落ち着くし、より話し合いができるからです。この作戦は本当に効果抜群★ だからケンカの際は「英語」と決まっています。(ブーは気付いてないとz思うけどね)

仲直りのつもりで言った言葉が……

そんな私たち最近ケンカしました。私に非があったので、謝り、仲直りのつもりで「eat me❤(抱いて)」とテキストしたのですが……
ブーから"eat me"は"Bite me"と同じで、女性が使う「Fuck you(くたばれ)」だよって返信が。

f:id:u3erich:20160421225246j:plain

ひ、ひええええ!

やっぱりきちんと英語を勉強しようと思いなおした瞬間でした。
それではまた。See ya tomorrow!

 

▼今までのQ&Aはコチラ