パンジー薫の国際恋愛ブログ

国際結婚までの道のり、結婚生活についてシェアハピ

知らないとヤバイ⁉ アメリカで着用NGな洋服って?

こんにちわパンジー薫です!

TPO(Time:時間、Place:場所、Occasion:場合)という言葉があるように、私たちは普段から「時と場所、場合」に応じて服装を選んで着ていますよね。たとえば、高級レストランに行くときに、Tシャツにサンダル姿で行く人はあんまりいないと思います。(まぁ、たいていお店側がドレスコードを指定しているしね……)また露出が激しかったり、派手な色の洋服を着て、お葬式に参列する人も少ないと思います。(過去にモーニング娘。辻ちゃんが、炎上してましたが……)

このTPO問題、辻ちゃんのように周囲から眉を顰められるくらいならまだいいですが、国によっては法律に触れてしまう場合もあるようです。アメリカ人であるブーからアメリカで着用しないほうがいい洋服について教えてもらったので、今回はそちらについてご紹介したいと思います。

戦死者に無礼! 迷彩服はミリタリー関係者のもの

f:id:u3erich:20160919143703j:plain

日本で人気のミリタリーファッションですが、アメリカでは迷彩柄の服=戦闘服=戦死者を想起させるもののため、一般人が着用することは無礼にあたるそうです。そういえば海外ドラマやハリウッド映画の中にでてくる女性で迷彩柄の服を着ている女性は見かけないですよね。

ただ迷彩柄すべてがNGかというとそうではなく、迷彩ガラのTシャツやスカートはOKのよう。NGの境界線は軍人が着用しているタイプのデザインか否か。たとえば上記のジャケットタイプはNGですが、以下のトレーナータイプはOKだそう。

f:id:u3erich:20160919145732j:plain

 

また、上記については「Policy on Ground Combat and Camouflage Utility Uniforms」にも明記されています。

 

§771. Unauthorized wearing prohibited
Except as otherwise provided by law, no person except a member of the Army, Navy, Air Force, or Marine Corps, as the case may be, may wear—
(1) the uniform, or a distinctive part of the uniform, of the Army, Navy, Air Force, or Marine Corps; or
(2) a uniform any part of which is similar to a distinctive part of the uniform of the Army, Navy, Air Force, or Marine Corps.
(Aug. 10, 1956, ch. 1041, 70A Stat. 34.)

ようは、軍事関係者以外による迷彩ユニフォームの無断着用を禁じるって言ってるんですね。ただ違法した際の罰則や罰金については明記がない(英語多すぎ、探せなかった)ので、迷彩服をきたらどうなるかわかりませんが、アメリカに行く際は迷彩服は着用しないほうが無難ですね。

タイでも迷彩服はNG!

同様にタイでも、一般人による迷彩服の着用が禁じられているようです。違反者にはなんと3ヶ月以上5年以下の禁固刑が下されるとか! 理由としては軍人になりすました犯罪が増加しているからだそう。タイに観光へ際はミリタリーファッションは避けましょう! 観光のつもりが3か月の服役になってしまうかもしれませんよ!

そのほか国によってNGな服装いろいろ

イスラム

知っている人も多いとは思いますが、イスラム教を信仰する国では、女性は手と顔以外の露出を禁止されています。女性を「性」の対象から解放し、一人の人間として正当に評価するためと言われているようですね。そのためイスラム圏の女性たちは「ヒジャーフ」と呼ばれるスカーフで顔や頭を覆っています。またスカーフ以外にも、極力体の線がでないようゆったりした服を着ています。

女性の肌をみる機会が少ない中、観光で訪れた若い女性らが露出をしていたり、体の線がくっきり出る服装をしていたらどうでしょう? 露出している=誘ってると男性が誤解してしまうのも無理はないと思いませんか? 「いや自分の性欲くらい自分でコントロールしろよ」って女性は思うかもしれませんが(私もそうでした)、男性の性欲パワーってすごいみたいです。ブーいわく、長い期間精子を放出できないと、下半身がものすごく熱くなって血が騒ぐんだそうです。

実際に、ブーの言葉を裏付ける出来事がイスラム教徒を受け入れた諸国で増加しているようです。スウェーデンでは、イスラム教徒を受け入れてから20年の間に強姦事件が3倍も増えたとか。(イスラム教徒の)男性からしたら、襲われるようなファッションをしている女性が悪いってことなのでしょうか。それにしてもこわすぎ……

このように、いろんな民族や信仰の人間と出会うチャンスが増えるからこそ、外国に訪れる際はTPOに合った服装がとても重要なことがお分かりいただけるかと思います。またTPOに応じた服装や態度だけでなく、犯罪の多い場所にはあえて「行かない」決断をするのも当たり前ですが大事ですね。

余談ですが、イスラム圏の男性でなくても大多数の男性にとって露出している女性は「Hしたい」「自分を誘っている」と思うようです。女子にとってオシャレのつもりでも、男性にとっては性をアピールしていることになるなんて、不本意極まって怖いですよね。というか、男性はなんでもセックスに直結して考えるからやっかいですよね。ブーもそう。ちょっと私がミニスカート履いただけで「今日どうしたの? そんなにHしたいの?」なんていうし……。ちげっつーの! どうやらブーの前でも露出をしないほうがよさそうです笑

それではまた。See ya tomorrow!

 

▼よく読まれている記事はコチラ!

アメリカ人と付き合ってよかったことをまとめてみました。

なぜ日本人じゃないの? 私が国際恋愛を選んだ理由を知りたい方はこちら。

ブーが理解できなくて苦しんでいる日本の習慣や常識を紹介しています。