パンジー薫の国際恋愛ブログ

国際結婚までの道のり、結婚生活についてシェアハピ

「入籍」するから「離婚」する? アンジー&ブラピの離婚劇から考える「結婚」とは

こんにちわパンジー薫です!

セレブ界きってのおしどり夫婦、アンジー&ブラピが離婚するとかしないとかでもめてますね。アンジーから離婚をきりだされたブラピは完全に「寝耳に水」状態だったそうで……。かわいそうに……。

さて略奪婚までして一緒になった2人ですが、なぜ離婚することになったのでしょうか? 理由は色々あると思いますが、私は「入籍」したのがそもそも間違いだったのでは? と思っています。だって相手はあの、THE自由人アンジーですよ(笑)! 普通の人たちでさえ結婚生活を維持するのに苦労しているのに、アンジーにそれができると思ったのが間違いですよ!

ってことで今日はアンジー&ブラピの離婚劇から考える、「結婚」とはなんぞやについて、私なりに意見を書いていきたいと思います!

「入籍」するから「離婚」する?

本題に入る前に、結婚に対する私のスタンスを言っておきます。私は日本でいう「事実婚」、ヨーロッパでいう「PACS制度」の支持者です。2人の男女が愛し合い、「家族」になれば、それが「結婚」だと思っています。だって愛し合う男女が家族となるのにわざわざ「入籍」する必要なくない?

そもそも「入籍」ってなんなのか。「入籍」は、言い換えると「法律婚」ですが、そのメリットは、相続ほか金銭面で、法律で保障される点ではないでしょうか。たとえばパートナーと離婚するとなった際、相手から慰謝料や養育費を支払ってもらえる権利を裁判所が保障する、そんなところですかね。あとは財産の相続とかでしょうか。つまり、結婚生活が破たんした際に色々と保障してくれる、保険的なメリットが大きいのが「入籍」なのでは、と思います。

これだけ見ると入籍っていい制度に見えますよね。でも、世の中そう美味しい話ばかりではありません! 結婚生活における安心・保険が得られる一方、その瞬間から「法律」に縛られるのが「入籍」です。つまりパートナー以外の異性と不貞行為をしたら「犯罪」になるんですね。

私はこの縛られてる感じに違和感や窮屈さを感じている1人です。別に不倫をしたいとか思ってるわけじゃないのですが、結婚したとたんにもう他の異性と恋をしちゃいけないとか、~しちゃいけないって縛られるのって窮屈に感じませんか? そして~しちゃいけないって言われるとかえってしたくなるのが人間の心理だと思うんですよ。

また入籍したとたん、「役割」が「義務」になっちゃうのも嫌です。自分のチョイスで一緒にいるはずなのに、入籍したとたん「妻」になって、家事育児するのが義務になっる。料理を作っても感謝されず、当たり前だと思われてしまう……。

お互いに支えあうのが夫婦の役割であるべきなのに、それが当然の義務になってしまう。「入籍」するとどうも、自分の意思で相手といる理由が消え、結婚という契約の義務を果たすために一緒にいる……みたいになる夫婦が多いな~と感じています。

だから長い間事実婚でうまくいっていたアンジーたちが、入籍したとたんに離婚へと走ったんじゃないかな、と思います。

「安定」が結婚生活を壊す

日経ウーマンオンラインで、マクロエコノミストの崔さんが、事実婚は不安定な関係だからこそ、逆に夫婦愛が育まれやすいのではと紹介している記事があります。

記事によると、アメリカでは1970年代以降、夫婦どちらか一方の請求によって離婚を成立させることができる法制度を採用する州が急増したそうです。そのため、離婚率は急増すると誰もが思ったそうですが、実際は減ったんだとか。その理由についてある研究論文で、

“Why Divorce Laws Matter: Incentives for Noncontractible Marital Investments under Unilateral and Consent Divorce” Wickelgren, Abrahm L(2007)

「離婚しやすくなったことで、お互いのパートナーは、いざというときを意識して、離婚する際の分配を少しでも多くしたいと考える。そして、パートナー同士、婚姻関係で自分の貢献を高めるように工夫する。その結果、婚姻関係の継続につながっていくのではないか」と…。

上記のように解釈しているのだそう。つまり、不安定で壊れやすい関係だからこそお互いが努力し、結果として夫婦円満になることが分かったそうです。

 もしもの離婚に備えてお互いが気を使い合っているので、それってどうなの? とも思いますが(笑)。まぁなんにせよ、愛とは本来、法律で縛れるものではなく、お互いの信頼で築きあげ、思いやりで維持するものですよね。その変を忘れて、安易に入籍してしまう人が多いな~と思います。また入籍にこだわる人ほど、2人の関係に自信がない人が多い印象を受けます。……とまぁ語ちゃったわけですが、あなたはどう思いますか? ブーは世界でも高い離婚率を誇るアメリカの出身。そのため2人でよく結婚とは? 入籍制度とは? について話す機会が多かったので、今回このテーマで書いてみました。

愛した人と別れるのはとってもつらいことだからこそ、一組でも離婚するカップルが減ればいいなと思っています。

それではまた。See ya tomorrow!

よく読まれている記事はコチラ
結婚には「愛」だけでなく、覚悟も必要ではないかってことを書いてみました!

国際恋愛を長続きさせるコツについて書いてみました!

 国際カップルって増えてるみたいですね! そこでアメリカ人と付き合ってみて良かったことを書いてみました!