パンジー薫の国際恋愛ブログ

国際結婚までの道のり、結婚生活についてシェアハピ

夫に出会うまで

「元カレも外人?」
「国際結婚する人の過去の恋愛が知りたい!」

今日はそんな質問に答えるべく、国際結婚した私が夫と出会うまでの恋愛遍歴について紹介します。

……と言っても1人1人文章にするのは大変なので、分かりやすく年表にしてみました。

年齢 国籍 きっかけ 経緯
22歳 フィリピン人 卒業旅行で行ったセブ島 入店したレストランにてナンパされて
24歳 日本人 マッチングアプリ マッチングして
24歳 日本人 バイト先の飲食店 グループで飲むうちに意気投合して
25歳 アメリカ人(夫) 国際交流パーティ 私から声をかけて

 ざっとこんな感じです。自分の恋愛年表って恥ずかしですね……。きちんと交際したのは夫を抜いて3人だけ。その中で外国人は、フィリピン人の1人だけです。彼とは旅先で出会ったので、帰国後は遠距離恋愛をしていたわけですが、言語の壁や距離の壁に阻まれる前に、私の気持ちが冷めてお別れしました。

その後、マッチングアプリでマッチングした同い年の彼や、転職活動中に働いていたアルバイト先で出会った年下の彼と交際するもどれも長続きせず……。とくにマッチングアプリの彼のことは大好きだったので失恋のショックは大きく、しばらく引きずっていました。こんな感じで、初彼は外国人でしたが、日本人男性との交際経験もあります。

人生に転機が訪れたのは25歳のときです。結婚願望が急に芽生えたのです。それまで彼氏はいたものの「結婚までは……」と思っていた私にとって、それは突然の心境変化でした。

25歳と言えば、働きだして3年目。飲むお酒もカシスオレンジを卒業し、焼酎のおいしさを知り始めたときでした。当時の私は、仕事も人間関係も順調そのもの。悩み事といえば「肌荒れ」くらいで週末は飲みに出かけ、朝まで飲み明かす楽しい日々……。それなのに感じる「物足りなさ」。

家に帰れば「お帰り」と迎えてくれる家族がいるのに、「いつまで私はこのコミュニティにいるのだろう?」と、自分の「居場所」に対する違和感も感じていました。

そんな私の感じる「違和感の正体」に答えをくれたのが、ドラゴンクエストでおなじみのRPGゲームでした。RPGと言えば、パーティ(仲間)とともに冒険を進めていくゲームですよね。どんなハードなステージも、仲間とともに戦いクリアしていく姿に、自分の人生もこうありたいと思ったのです。

だって人生って大変じゃないですか。

落ち込んだり、つまずいちゃったときに、手を取って一緒に歩いてくれる存在が欲しくなるときありませんか? 私はそれが25歳でした。いつまでも失恋を引きずってるんじゃなく、「人生をともにするパーティ(家族)が欲しい!」って思いました。

そしてパーティ(家族)を探しに出かけた国際交流パーティで、夫に出会ったというわけです。ややこしい(笑)。

色んな人と付き合ってみて思うのは、恋愛はどれも楽しかったなってことです。でも、楽しいってだけで関係を続けていても、面白くないですよね。私は25歳のときにそんな関係にむなしさを感じました。どうせなら一生一緒にいたいなって思う人と、未来に続く関係を築きたい……。将来誰と結婚するか分からなくても、「この人と結婚したい!」と思う自分の気持ちは分かるものです。私は夫に出会ったときに、「この人と家族になったら面白そう」だと思いました。だからあなたも、そんな気持ちのカケラを誰かに出会ったときに感じたら、その人に向き合って全力で恋愛をしてみてください。