パンジー薫の国際恋愛ブログ

国際結婚までの道のり、結婚生活についてシェアハピ

Q付き合う前に確認したいことって?

こんにちは、パンジー薫です。

付き合ってから「こんなはずじゃなかった」とならないよう、事前に相手へ確認したいことってありますよね? 障害の多い国際恋愛であればなおさらです。

そこで今回は、国際恋愛を円滑に進めるために「付き合う前に確認しておきたいこと」について、私の意見を紹介します。

(1)日本に滞在する期間
日本で外国人と出会った場合。まずは日本に来た理由や、どのくらい滞在予定なのかを聞いてみましょう。相手が旅行やビジネストリップで来ている場合、遠距離恋愛の覚悟が必要になるからです。

日本語を勉強するために来た学生の場合は、卒業後に日本で就職する予定があるのか、また就職ができそうなのか確認しましょう。私が夫と出会ったとき、夫は日本語学校を卒業したばかりでした。4月からは日本企業に働くことが決まっていたので、遠距離恋愛にならずに済みましたが、夫の友人の多くは日本で働きたくても日本語のスキルが足りなかったり、就職先が決まらなくて帰国していました。

ちなみに日本で働ける外国籍の人の共通点は、日本語がペラペラであるか、高い専門スキルや知識を持っている人(またはその両方)が多いです。とくにITスキルがある人は、就職先に困らない印象が強いですね。どうしても日本に住みたい外国籍の人の中には英語教師になる人もいますが、私の知る限り長続きする人は少ないです。東京で暮らしていくには給料が安いからだそうです……。

(2)日本に住み続ける予定はあるのか
私の夫は日本が好きですが、「将来的にずっと住みたいか?」と言うと、まだ決めかねている状態です。それはやはり生まれ育った国で死にたいという思いがあるからのようです。外国に永住するって決断するのは、そう簡単にできないですよね。日本に住む外国人であれば誰でも、いつか帰国する可能性はゼロではありません。たとえ日本に憧れて来日した人でもです。

途中で相手の考えが変わるかもしれませんが、今のところどういう予定でいるのかは、確認しておくといいと思います。相手について外国で暮らさなければならない場合、あなたに移住の覚悟があるのかどうか、考えておけるからです。

ちなみに私たちの場合、夫は最初から帰国する可能性を教えてくれていたので、私はそのつもりで交際を決意しました。

(3)宗教
センシティブなテーマなので、1回目のデートでは聞きづらい内容ですが、外国籍の人と付き合うのなら絶対に確認しておきたい内容です。また相手がどれくらい信仰しているのか、信仰レベルも一緒に確認しましょう。同じクリスチャンでも、週末は絶対に教会へ通うという人もいれば、通わない人もいます。また、夫婦は同じ信仰をもつべきだという人もいれば、別でも気にしないという人もいるからです。前者の場合、ゆくゆくは改宗する必要がでてくると思うので、付き合う上で覚悟が必要になります。

ちなみに夫はクリスチャンです。交際当初、私の信仰(神道)に対しては特に何も言ってこなかったので、黙認しているのかと思っていました。しかし交際を進めていくと、どうやら同じ信仰を求めていることが分かりました。最終的に、私は改宗をしたわけですが、長年信じてきたものを変えるのはそう簡単ではありませんでした……。なので、交際前に相手の宗教を知っておくことは、円滑な交際をするうえで必要だと思います。私が改宗に至るまでの道のりについてですが、また別の記事に書こうと思いますのでお楽しみに。

ハードルの高い国際恋愛ですが、事前チェックで低くすることは可能です! 私の意見が参考になったら嬉しいです。